追悼 藤原智子監督

藤原監督top.jpg
藤原智子監督(2012東京国際女性映画祭)


『ベアテの贈りもの』 (2004年)や『杉の子たちの50年』(1995年)、『夢は時を越えて -津田梅子が紡いだ絆-』(2000年)など、多くのドキュメンタリー作品を手がけた映画監督の藤原智子(ふじわら・ともこ)さんが2018年6月19日、特発性肺線維症で亡くなりました。86歳でした。女性監督の草分けとして、また脚本家として、長い間活動されてきました。
ご冥福をお祈りいたします。

藤原智子監督プロフィール
東京都出身。東京大学文学部で美術史を専攻、1955年卒業。
映画監督を志し新理研映画に入社し、ニュース映画の制作に携わる。
日本映画新社に移籍後、1960年『オランウータンの知恵』で映画監督としてデビュー。子育てで一時期、映画の現場を離れたが、1980年47歳で復帰。以後、数々の作品を作り続けてきました。
1980年代には能・歌舞伎などの複数の短編記録映画を製作。
東京国際女性映画祭やあいち国際女性映画祭などにゲスト出演しました。

第25回 東京国際女性映画祭(2012)
2012東京国際女性映画祭.jpg

大竹洋子、藤原智子、羽田澄子.jpg
左から大竹洋子さん(東京国際女性映画祭ディレクター)、藤原智子監督、羽田澄子監督


作品紹介

監督作品
『オランウータンの知恵 』 (1960年)
『歌舞伎の後見』 (1992年) 歌舞伎の舞台で、能楽師の補助をする後見の役割について描いた。
『杉の子たちの50年』 (1995年) 第二次世界大戦中の学童疎開を描いた。
『ルイズ その旅立ち』 (1998年) 大杉栄、伊藤野枝夫妻の四女伊藤ルイ。志なかばに憲兵に殺害された両親の想いを受け継ぎ活動した生涯を追った。
『伝説の舞姫 崔承喜 -金梅子が追う民族の心-』 (2000年) 「世紀の舞姫」と絶賛されたが消息不明になった崔承喜(チェ・スンヒ)の足跡を、現在韓国舞踊会の第一人者金梅子 (キム・メジャ)が訪ねる。
『夢は時を越えて -津田梅子が紡いだ絆-』 (2000年) 津田塾大学の創始者、津田梅子の足跡を追った作品。女性の自立に生涯を捧げた梅子と彼女を支えた人々の絆。梅子の志を引き継いだ卒業生の活躍も描いた。
『ベアテの贈りもの』 (2004年) 日本国憲法第24条男女平等の条文の草案を書いたベアテ・シロタ・ゴードン。それに至る、彼女の軌跡を描いた。
『シロタ家の20世紀』 (2008年) 『ベアテの贈りもの』の続編とも言える作品。戦争に翻弄され続けたベアテの家族、シロタ家の物語。

脚本
『鳥獣戯画』 (1966年) 監督:松川八洲雄 鳥獣戯画を主題とした美術映画。

企画・脚本
『100年の谺(こだま)─大逆事件は生きている』 (2012年) 
監督:田中啓 大逆事件の犠牲者たちは何を考え、何をしようとしたのか? 国家と司法、国家と人権、国家と私たちを考える作品。

シネマジャーナル 藤原智子監督作品紹介記事

・シネマジャーナル45号 1998年発行
『ルイズその旅立ち』藤原智子監督トーク&インタビュー(あいち国際女性映画祭 ) 

・シネマジャーナル48号 1999年発行
『伝説の舞姫崔承喜』 (東京国際女性映画週間)

・シネマジャーナル51号 2001年発行
『伝説の舞姫崔承喜』(あいち国際女性映画祭)

・シネマジャーナル54号 2001年発行
『夢は時を越えて―津田梅子が紡いだ絆』 (あいち国際女性映画祭)

・シネマジャーナル64号 2005年発行
『ベアテの贈りもの』インタビュー 藤原智子監督、 ベアテ・シロタ・ゴードンさん(東京国際女性映画祭)

・シネマジャーナルHP『ベアテの贈りもの』
 藤原智子監督、 ベアテ・シロタ・ゴードンさんインタビュー

ベアテさんと藤原監督.jpg 藤原智子監督.jpg
ベアテ・シロタ・ゴードンさんと藤原監督

・シネマジャーナル72号 2007年発行
『シロタ家の20世紀』(東京国際女性映画祭)

・シネマジャーナル86号 2012年発行
企画・脚本 『100年の谺(こだま)─大逆事件は生きている』(東京国際女性映画祭)

記事まとめ&写真 宮崎暁美













“ベトナム映画祭2018”熊谷睦子さんインタビュー (1)

“ベトナム映画祭2018”は
2018年9月1日(土)から9月9日(日)までの9日間横浜での開催が決定しています。
ただいまクラウドファンディング募集中です。
https://motion-gallery.net/projects/vietnam_ff/updates/19833

映画祭を企画・運営するというのに興味深々の(白)、配給会社のアルゴピクチャーズさんを訪ねていろいろと伺ってきました。
小出しにいたしますので、ときどき覗いてくださいませ。

IMG_6153.jpg

【熊谷睦子さんプロフィール】
1969年岩手県盛岡市生まれ。東北福祉大在学中に8ミリ映画製作を経験。卒業後、広告代理店・国連社東北営業所に勤務する傍ら、映画製作団体シネサラダや自主上映サークル・仙台シネマ倶楽部に参加。1995年インディペンデント・シネマ・デイズという映画祭を立ち上げ、翌年より仙台市青年文化センター主催のユースシネマフォーラムの運営に関わる。
1998年に上京。アップリンクを経て2000年より、アルゴ・ピクチャーズに勤務。主に経理と配給宣伝を担当。
携わった作品
『火星のカノン』(01/風間志織)、『福耳』(03/瀧川治水)、『犬と歩けば チロリとタムラ」(04/篠崎誠)、『マリといた夏』(05/イ・ソンガン)、『ヨコハマメリー』(06/中村高寛)、『靖国 YASUKUNI』(08/李纓)、『トテチータ・チキチータ』(12/古勝敦」、『ガレキとラジオ』(13/塚原一成、梅村太郎)、『リトル・マエストラ』(13/雑賀俊郎)、『ベトナムの風に吹かれて』(15/大森一樹)、『草原に黄色い 花を見つける』(17/ヴィクター・ヴー)、『榎田貿易堂』(18/飯塚健)、『名前』(18/戸田彬弘)など。


―もともと映画祭を立ち上げたりなさってたんですね。ベトナム映画祭を開催しようというのは?

ベトナムとの縁は、2014年に配給作品の『クレヴァニ、愛のトンネル』で、ハノイ映画祭に行ったことからです。未来穂香ちゃんの。今は本名の矢作穂香ちゃんにお名前変わりましたが。その1週間後11月頃から『ベトナムの風に吹かれて』の撮影に入る予定で。その周辺の方々にすごくよくしていただきました。ベトナムの国とともに印象がすごく良かったんです。それがスタートだったのかもしれないです。

―東南アジア・・・タイやベトナムの人って優しい、という印象です。少し前の日本にもあった穏やかさや優しさがある気がします。

そうですね。『ベトナムの風に吹かれて』原作者の小松みゆきさんもよくそうおっしゃっていました。儒教が根付いているからかもしれないです。通訳してくれた方も日本のカルチャーが好きで日本語を勉強した、みたいな人が多くて。ハノイ映画祭の通訳さん、ボランティアの高校生でした。

―え~、大学生じゃなく高校生ですか?

ほんとに努力家が多いです。彼女も大学生のお姉さんが日本学科だそうですが、自分で勉強していたようです。
穂香ちゃんはテレビドラマの「いたずらなキス」に出ていて、向こうでもネットで見られて人気なんです。レッドカーペットが短いけれどあったんですが、「将棋倒しになるからやめてください!」みたいな注意を受けるくらい大人気でした。みんな日本語を勉強して話しかけてくれたりするんですよ。彼女のお誕生日を祝う会をしたいからとファンがSNSで募集したり。

―日本の映画が上映される機会は多いんですか?

『クレヴァニ』はその日だけでしたが、『ルパン三世』(2014/北村龍平)とか、アニメの『ドラえもん』は映画館で上映されていたと聞きました。『ドラえもん』は大ヒットしたようです。原作のマンガはベトナム語版で出ていますし。通訳の高校生の子はジブリ作品とアイドルの“嵐”が好きだと言っていました。

―アニメとアイドルは国も越える。

そうですねぇ。繋いでいくんですね。アイドルから入っていくというのは、日本の感覚と近いなと思いました。『ベトナムの風に吹かれて』が完成してベトナムで上映するためにまた訪れて、ベトナムやハノイにますます良い印象を持ちました。
そのときにいろいろコーディネートをして下さった新妻さんと言う方がFBに『YELLOW FLOWERS ON THE GREEN GRASS』(後に邦題『草原に黄色い花を見つける』)をあげていて、それを観たいと思っていましたら、2016年の大阪アジアン映画祭で上映されて観ることができました。ぜひ公開したいと思ってからいろいろありまして、そのうちアジアフォーカス・福岡国際映画祭にヴィクター・ヴー監督が来られると聞いて、直接お話しすることができました。

―『草原に黄色い花を見つける』まできました。上映できるようになるまで大変だったんですね。

連絡を取っていた会社が倒産したり、担当が替わっていたり。やっと2017年に公開できました。意外と長い道のりでした。

(2)へ続く