『ミセス・ノイズィ』公開から15週目突入  ロングラン記念舞台挨拶!!

集合写真1.jpg

左から天野千尋監督、新津ちせ、篠原ゆき子、長尾卓磨、宮崎太一


2021年3月6日(土)ロングラン記念舞台挨拶
渋谷・ユーロスペースにて
登壇者 篠原ゆき子、長尾卓磨、新津ちせ、宮崎太一、天野千尋監督
MC   伊藤さとり

・シネマジャーナルHP 作品紹介『ミセス・ノイズィ』
・本誌103号でも紹介
・『ミセス・ノイズィ』公式HP
・シネマジャーナルHP 特別記事
 『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー記事はこちら

第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門にて上映、その後も海外でのさまざまな映画祭でも上映され話題となった天野千尋監督オリジナル脚本の映画『ミセス・ノイズィ』(出演:篠原ゆき子、大高洋子、新津ちせ ほか)が、2020年12月4日(金)より全国公開中。スランプに陥った小説家・吉岡真紀(篠原ゆき子)と、騒音を巻き起こす隣人若田美和子(大高洋子)とのご近所トラブルが、世間を巻き込んだ大騒動となるさまを描く。
ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやネット社会を巻き込んで、2人の女の運命を狂わせる大事件へ発展していく。「SNS炎上」や「メディアリンチ」「規格に合わないものに対する皮肉」など、現代の社会事情を反映した作品。後半は思わぬ方向に展開し、あらゆる「争い」が、ちょっとした食い違いから大きな争いに発展するさまを描いた。観客の口コミなどで広がり、ロングランヒットを記録。6日から公開劇場がユーロスペースに移し上映され、ロングランを記念して舞台挨拶があった。今後は地方の映画館などの上映のほか、東京では下高井戸シネマで4月24日から上映がある。

天野千尋監督は「映画を始めた時からユーロスペースで上映できたらいいなと考えていたので、この劇場で上映されることになりとてもうれしいです。昨年、冬の初めに公開が始まったのですが、3か月も上映され、春まで上映していただけるとは。はじめは想像もしていませんでした。口コミで広がっていったからですね。伊集院光さんや放送作家の鈴木おさむさんなどがラジオで話してくれたりもしましたし、松尾貴史さんもテレビで紹介してくださいました。観客の皆さんからは、「職場の先輩に勧められた」とか、「友だちに勧められた」とか、一番いい形で広まっているなと思いました。本当に感謝しています」と緊張しつつも感激の言葉を述べた。

天野千尋監督1.JPG

主人公の新進小説家吉岡真紀を演じた篠原ゆき子さんは、本作への出演を「なんだかドキュメンタリーのようでした」と語り、「閉店セールのようにそろそろ終わると言いながら、3カ月も続き、口コミで広げてくれた皆さんに感謝します。真紀は私に似ていると言われたり、映画の口コミサイトなどで真紀はムカつく女だと書かれていたり、当て書きだと言われたりして、落ち込んだりもしました」と苦笑い。でも「映画楽しんでいただけましたか?」と問いかけると満席に近い会場から拍手と歓声が飛んだ。

篠原ゆき子2.jpg


お隣さんとのトラブルに妻に寄りそうでもなく迷惑顔で、どこか他人事な真紀の夫吉岡裕一を演じた長尾卓磨さんは「悪役でもないけど、無関心を装い、距離を置いた役でした。僕自身はそうではない人間のつもりですが、それで叩かれるのはわかります」とぼやき観客を笑わせた。

長尾卓磨jpg.jpg


真紀の娘、菜子を演じた新津ちせちゃんは「私は役でいろいろなことにチャレンジすることが好きです。本当の私は臆病で、誰かに怒られるようなことはしない性格ですが、この映画で私が演じたなっちゃんは自分のやりたいようにおもちゃをガッシャーンとひっくり返したり、白い壁に落書きしたりする役。この役を通して大胆な性格になれたかなと思います」と笑顔で語り、今年の抱負を尋ねられると「これからもまわりの方に感謝しながらいろんな役にチャレンジしていきたい」と、10歳とは思えないようなしっかりした答えが返ってきた。

新津ちせ.jpg


隣の家の若田美和子の夫、若田茂夫を演じた宮崎太一さんはハサミ虫について問われ「あれはCGではありません。スタッフがヤフオクで買った本物です。ハサミ虫が体を這うシーンは覚悟を決めて臨みました。ハサミ虫は大量にはいないので、何度もシーンを撮ったりしました」と答えていた。それは大変だったかも。

宮崎太一.jpg


面白かった話題はコロナ禍の話題で、「コロナでトイレットペーパーが買えなかった時、近所のおばあさんがトイレットロールがなくて困っていたので、3ロール差し上げたら、お返しにメロンをいただきびっくりしました」と篠原ゆき子さんが語っていた。

天野監督も「コロナがきっかけで近所の方との距離が近くなりました」と話し、映画のことも話すことができ、そのへんからも口コミが広がりましたと答えていた。次回作について「私は社会のちょっと悪いことをしてしまうグレーな人に興味があります。普通の女たちが悪巧みをするんだけど、それには正義があり、それぞれの生き様がありというような作品を撮りたい」と語っていた。
取材・写真 宮崎暁美


取材を終えて
この作品、試写、東京国際映画祭でも見逃していたのですがなんとか観ることができました。3か月も続いていたとはびっくりです。最初は嫌な女同士の争いかと思わせて、最後はそれぞれの思いがうまくかみ合う大団円で終わりホッとしました。でも、私としては新人小説家の吉岡真紀にしろ、となりの家の若田美和子にしても、家事をほとんどこなし、夫の面倒をみすぎという感じがして、そんなもの自分でやらせないの?と思ってしまうシーンがいくつもありました。真紀の家では妻が食器を片付け洗ったりしているのに夫はただのうのうとしていたりするシーンも何回かあったし、隣の若田家は、いくら夫がうつ病気味とはいえ、夫のハサミ虫布団を夫が自分で干すのではなく、いつも妻がやっている。ま、争いを起こす原因を作るための手段だったのかもしれないけど、観ていてちょっとイライラしてしまった。せっかく女性監督の作品なんだから、日本社会の妻の家族への献身しすぎ、家庭貢献事情にちょっと皮肉でも入れてくれたらなんて思ってしまった。そして篠原ゆき子さん大活躍ですね。今、TV番組「相棒」で刑事役で頑張っている!
それにしても、この天野監督の『ミセス・ノイズィ』のロングランといい、大九明子監督の『私をくいとめて』の東京国際映画祭の観客賞受賞といい、最近の二人の活躍が嬉しい。私は観ていないのだけど、新進女性監督3人による『放課後ロスト』(2014)というオムニバス作品に天野監督と大九監督は参加している。あいち国際女性映画祭2014ではもう一人の名倉愛監督と3人によるトークがあった。この時はまさか、二人がこんなに活躍するまでになるとは思わなかったので余計感慨深い。

2014あいち放課後ロスト監督3人.JPG

あいち国際女性映画祭2014にて

『レディ・トゥ・レディ』公開記念舞台挨拶

DSC_7718.jpg

12月13日(日)ヒューマントラストシネマ渋谷
W主演を務めた大塚千弘さん、内田慈さん、これが商業映画監督デビューとなる藤澤浩和監督が登壇しました。
公式レポが届きましたのでご紹介いたします。
作品紹介はこちら
大塚千弘さん、内田慈さんインタビューはこちら
(C)2020 イングス
http://lady-to-lady.net/


◆誕生日が同じ二人が全集中
大塚 こんなにも体力と筋肉が必要なのかと驚きました。約2ヶ月の練習では朝から2時間くらい“全集中”で踊っていたので、ダンスの稽古だけで4キロ以上体重が落ちました。ダンス後はお腹がペコペコでした。
内田 大会シーンはプロのダンサーの方々が大勢いる中で、色々なダンスが同時進行します。何テイクも撮影できないので、ダンスシーンは“全集中”で臨みました。まさに“阿吽の呼吸、ダンスの形”でした。

DSC_7605.jpg

大塚 大勢のダンサーの方が参加してくれて、私たちも煌びやかに着飾らせてもらいました。撮影ではダンス練習期間の想いが溢れてきて、一回目のワルツで感情が溢れ出て涙が…。二人で目を合わせながら“泣ける~!”となって、藤澤監督から『泣くのは早いです!』とNGになりました(笑)。

◆役作り
大塚 自分の専業主婦の母を見て、そこから盗めるものは盗みました。例えばサンバイザーを付けたり、ウォーマーを付けたり。そういったものを衣装合わせの際に御提案しました。

内田 かつて店頭販売のバイトをしていたので、アルバイトシーンは当時を思い出しました。またオーディションのシーンでは客観的に見て下手に思われるように、緊張してちょっと声が上ずっているような演技を意識しました。
大塚 オーディションのシーンは見ていて爆笑しました(笑)。

DSC_7622.jpg

◆商業映画監督デビューで競技ダンス
藤澤監督 「テーマは役割からの解放」です。その中で競技ダンスのリード&フォローの概念を知りました。そしてお互いがお互いを支えるのがダンスだと理解。女性同士でお互いを支えるという設定に辿りつきました。

DSC_7673.jpg

◆みなさまへ
内田 映画の認知はまだまだこれからですが、沢山の方々に観てほしいです。価値観が大きく変わる世の中で、なかなか今までのようにはいかず、どうやったら希望を持てるのかわからない時代かもしれません。真子と一華は前例のないことに突破して、やりたいからやる!と言い切ります。そこに希望がある。夢を語るのはタダ!この映画がみなさんのエネルギーになれば。

大塚 コロナ禍という暗いニュースが多い中で、今こそ『レディ・トゥ・レディ』は公開するべきだと思いました。元気をもらったり、明るくなれたり、観てくれた方がちょっとでも挑戦をしようと思ってくれたら幸せです。明るくスッキリしたスポコン映画。このエンタメで気分転換してもらえたら嬉しいです。

『本気のしるし 劇場版』初日舞台挨拶 

IMG_4418.jpg

作品紹介はこちら
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/477615990.html
2020年製作/232分/G/日本
配給:ラビットハウス
(C)星里もちる・小学館/メ~テレ
公式HP  https://www.nagoyatv.com/honki/
★2020年10月9日(金)より全国順次公開

10月9日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷
3時間52分の本編上映後森崎ウィンさん、土村芳さん、深田晃司監督が拍手に迎えられて登壇しました。客席との間に飛沫防止シートがあるので、ゲストはマスクをせずにご挨拶。(MC:小沢まゆ)


森崎 辻一路役を演じさせていただきました森崎ウィンです。本日は足元の悪い中お越しくださってまことにありがとうございます。みなさまのお陰でカンヌ映画祭のオフィシャルセレクション2020に選ばれたこの作品、ご覧になっていかがだったでしょうか?(拍手)よろしくお願いします。(拍手)
土村 葉山浮世役を演じさせていただきました土村芳(つちむらかほ)です。ドラマとして始まったこの作品が映画としてまた新しい姿で、こうしてみなさんにお届けすることができて、すごく嬉しく思います。本日はよろしくお願いします。(拍手)
監督 本日は4時間、長い時間をご覧いただきましてありがとうございます。そろそろお尻も疲れてきているんじゃないかと思いますが、もうちょっとお付き合いください。この作品は20年前に初めて漫画を読んで、映像化したいと願ってからほんとに20年かけて。願いは叶うものなんだなと実感しています。今日はみなさんに観ていただけてとても嬉しいです。ありがとうございました。
(ここで着席)

―それでは森崎ウィンさん、本作は「共感度0,1%」というキャッチコピーがついていますように、演じられた辻くんも善人なのか悪人なのかわからない。女性に対しても二股、三股という八方美人のような役どころでした。どのようにこの辻役を掴んでいかれたのでしょうか?
森崎 これはすごく個人的に思うことでもあるんですけれども、僕もウィンとして生きていく中で、ウィンがどういう人間なのかというのを自分で紐解いても100%紐解けない瞬間がやっぱりあるんですね。なので辻くんに関しても100%理解しているかと言われたら、そうとも限らず。現場で辻くんが二股も三股もかけている女優さんたちとキャッチコピー、じゃなくてキャッチボール、会話や芝居のキャッチボールを楽しみながら純粋に演じさせていただきました。一つだけ勘違いしてほしくないのは、僕は二股三股しません(ざわざわ笑)。えー、あんまりウケなかったですね(笑)。すみません。ごめんなさい。

―映画の中でやはり受け身だった浮世という存在によって、自ら人生を選び取るようになっていくのも見どころでしたよね。
森崎 おっしゃるとおりです。実際の人生のたくさんの出会いの中、恋愛に限らず仕事の中―それこそ今回土村さん、そして深田監督に出会って、また役者として一つも二つも変わった自分もいます。そういう意味では人と出会うことによって、人は変化していくんだなというのをこの作品を通じて僕自身もすごく勉強させてもらったと思っております。
今日は口が回ります(爆)。

honki_sub1.jpg

―土村さんが演じる浮世という役は、見る人のイライラをどんどん加速させていくような、そんな役だったと思います。ただ、浮世自身はいたって悪気がないというか天然というか、かなり難しい役どころだったんじゃないかなと思いますが、浮世と言う女性をどのように捉えて演じられたのでしょうか?
土村 おそらく大多数の方が「なんだ、この女性は?」と思ったと思うんですけど…。確かにめちゃくちゃな行動が目立つ女性ではあるんですけど、私はすごく興味を持って浮世という女性を追ってしまいました。なせそうなってしまうのか、と考えたときにその一見めちゃくちゃな行動っていうのは、浮世さんの表面的な部分であって、その行動の裏にひたむきさやピュアな部分があるから憎み切れない、っていうんですかね。私もその裏に見え隠れしている部分を意識して大事にして演じさせていただきました。はい。

―土村さん自身は浮世に似ているなぁと思うところがありますか?
土村 いえ、全くありません。(会場 笑)。えっ?
森崎 これ、たぶんあの作品に出ていた役者みんな否定しますよ。(本人は否定しても、それを否定するという意味。つまり似ているとみんな思っている)
土村 えっ!そんな。(笑)
監督 石橋けいさんも、アパートで撮影している土村さんを見ながら「ほんとにいいキャスティングだよね」って(笑)。だからって浮世みたいってわけではないんだけど、キャスティングの評判は良かったですね。
土村 喜んでいいのかちょっととまどってしまうんですけど。(笑)

―土村さんがおっしゃった浮世の内側にあるひたむきさとかピュアさとかは、土村さんご自身が持っているものが現れたんじゃないかな、と。
土村 あ、そうかもしれません。
監督 そこですね。みんなが注目したのは。
森崎 感謝ですね。(MCさんに)
土村 そうですね。(笑)

―深田監督は20年前にこの原作と出会ってどうしても映像化したい、と思い続けて夢が叶ったとおっしゃっていましたが、どんな部分に惹かれて映像化を熱望されたのでしょうか?
監督 まずストーリーの運びがめちゃめちゃうまくて、これはすごいなと思ったんです。元々星里先生の漫画はその前から読んでいて好きだったんです。「夢かもしんない」「結婚しようよ」とか。それはちょっと遊びで森崎さんの台詞に引っ張ってきて言わせて(星里)ファンにはわかってもらえるような感じで入れました。
それまでラブコメが得意だった星里先生が一切コメディの部分を封印して、ヒリヒリするような恋愛だけを描くというのはものすごく異様で、迫力があると思ったんです。「本気のしるし」ってほんとに星里先生は本気だなというところにすごく惹かれて。今#Me Tooの時代を経て振り返ってみると、青年誌の中での浮世という女性の描き方が現代的だったなと。いわば男性社会の中で「擬態」のように、自分を守る術のように男性を引きつける言葉を言ってしまったり、思わせてしまったりとか、そうすることでしか身を守れない女性。そこが面白かったですね。

―ご覧になった方の感想や反響を受けて今どんな風に感じていらっしゃいますか?
監督 想定通りというか、想定以上にイライラする方がすごく多かったみたいです。ドラマ放送当時にも「本気のしるし」と検索すると、勝手に関連ワードに「イライラ」が出てくる(笑)。自分自身、浮世にそんなにイライラしないと思っていたんですが、想像以上に反響があったんです。
それでもみんな見続けてくれて、その印象が後半になるにつれ、どんどん反転していくのが面白くて、後半になればなるほど、「浮世よりむしろ辻の方がヤバい」という感想も出てきたりして、そこを視聴者の人と一緒に見続けられるというのが面白かったです。今またみんな一気見してどうだったのか、感想を聞きたいなと思っています。

―森崎さん土村さん、深田監督の演出で心に残っているようなことはありますか?
森崎 レストランのシーン、浮世がご飯食べていなくて「私辻さんに…」あれ?「心許してる?」(監督と土村さんからフォローが入る)「油断してるのかな」というところを演出していて、「これ、浮世がどういう形で言うのがいいのか、目を見て言うのか、外して言うのか。目の前に座っている辻くんとしてどう思う?」と聞いてきたときに…(監督に)目は外しているんですよね?
監督 使ったのは…「辻の肩あたりを見て」という指示でやってもらったのを本番では使っています。
森崎 それ聞かれたのが初めてだったので、すごく印象に残っています。

honki_sub2.jpg
―印象的なシーンですものね。
森崎 はい。たしかオーディションのときもあのシーンをやったんです。
監督 そうですね。あのシーンをやりました。辻(森崎)さんにも土村さんにも、別々でしたけどやってもらいました。とても核になるシーンだと思います。映画の。

―土村さんいかがですか?
土村 一度現場中に迷いがあって監督に「この台詞はどういう気持ちで言ったらいいでしょうか」と相談したときに、その話の流れだったか「そもそも役というのを100%理解して演じるのは必ずしも正しいとは限らない」とお話ししていただいたことがありまして。そのお話しを聞けたおかげで私も浮世さんに対して、何かこう言葉でうまく言えないんですけど、感覚的な余白というかそういうものが存在していた方が、きっと浮世さんの魅力も現れてくるんじゃないかと思えた瞬間でした。演じさせていただく上でとてもためになりました。

―とても素敵なお話です。「本気のしるし」というタイトルにかけまして「思わず自分が本気になってしまうこと」を教えていただきたいですが、いかがですか?
森崎 本気になってしまったこと…僕は常にゼロか100かの人でして、やるならとことんやる、やらないならやらないっていう風で。辻くんとは真逆で「優柔不断」という言葉は自分には合わないな、と思うんですけど。なんですかね、本気になってしまったこと。今日一日本気を出したら…ツイッターにも書かれたんですけど、「ウィンが本気を出したら雨が降る」(爆笑)
監督 雨が降るし、台風も来るって書いてありましたね。(笑)
だからファンの方が「雨や台風で喜んでいる」っていう風な(笑)不思議なツイートが(笑)
森崎 マネージャーが僕に見せてくれたのが検索トレンドに「台風、台風、森崎ウィン」ってあった(笑)。「台風も来て、ウィンも来てるね!」ってつまらないギャグと共に(笑)。あのー、以上森崎ウィンでした。(笑)
―今日は森崎ウィンさんの本気が台風に現れているということですね。
森崎 すいません。(笑)

―土村さん思わず本気になってしまうことは?
土村 つい先日の話なんですけど、食器棚が新しく届きまして、それを一晩かけて夢中で組み立てたこと。扉を取り付けるのに観音開きの高さを合わせるのがけっこう難しいんですよね。(客席へ)やったことない?いらっしゃいませんかね。あの微調整するのがすごく難しくて、でも寸分の狂いなく揃えたくてなってしまう。 
森崎 それって元々あるところのネジ回すだけ、とかじゃなくて?
土村 ネジを調節して高さだったりを…
森崎 日曜大工にハマってる?
土村 すごくハマってる。あの“カムロック”(金具)がすごく難しい。
森崎 カムロック、ちょっとわからない。

―共感度が(笑)
監督 お客さんの上にハテナマークが、「カムロックって何?」(笑)
―0,1%に持ってくるところがさすがだなと(笑)
土村 すみません、それが本気になってしまうことだったんです。失礼しました。(笑)

―可愛いです。ありがとうございます。深田監督はいかがですか?
監督 仕事に関しては「本気だ」みたいなことは一応言っとくんですが(笑)思わず本気になるっていうと…映画が撮り終わって宣伝に入るじゃないですか、監督は別に宣伝部ではないから、宣伝は宣伝部に餅は餅屋に任せておけばいいんですけど、宣材を勝手に作るっていうのは趣味でやっていて…フォトショップっていうソフトで画像をいじったりすると、お絵描きしているような感じでけっこう楽しいんです。あれがハマり始めると徹夜で作ったりして。たいていハマっているのは脚本とかが煮詰まっているときで、まあ逃避なんですけど。宣材物作りは本気になっちゃいますね。
honkinosirusi.jpg

―この『本気のしるし 劇場版』のポスターも監督がお作りになった?
監督 あっ、はいはいはい。ドラマ版のときに何か盛り上げられないかな、何かやりたいって思って…ドラマは毎週毎週感想が届くっていうのが新鮮だったんです…その感想をばーっと並べてやろうとTwitterからいろいろ拾ってきて。輪郭に合わせて切ったりするのは意外と地道な作業で、そういうのチマチマやるのが楽しいんです。そのときには単に趣味で、日曜大工的に作ったんですけど、劇場版を作るとなってちゃんとデザイナーの方が整えて作ってくれています。だいたいあんな感じのものを作りました。

―皆様のTwitterにあげた感想ももしかしたら入っているかもしれないので、ぜひじっくりと読んでみるといいかなと思います。

ここでマスコミのフォトセッション、続いて観客も短い時間ですが、撮影可となりました。

IMG_4433 (2).jpg
―では登壇の皆様を代表して、深田監督からひとことご挨拶をいただきたいと思います。
監督 今のこのパネルも星里先生が俳優をイメージして描いてくれたもので、この作品はほんとに星里先生あってのものだと思っています。先生もドラマから今回の劇場公開も楽しみにしていろんな絵をあげてくださっているので、よければ先生のTwitterを見てみてください。
今回劇場版にしたいと思った理由の一つは、ドラマは東海三県と一部の地域しか放送されていなかったので、見たいけど見られないという人がとても多かった。今回映画という形で全国の映画館に回していきたいです。今映画館は大変な状況で、コロナでお客さんも減っていたりしています。そんな中ですがぜひ多くの方に来てほしい、この映画は予告編がテレビに流れるようなタイプの作品ではないので、ほんとに口コミがすごく大事なんです。今日観て面白いなとか、琴線に触れる部分があれば、そのことを友達や家族や同僚やSNSなどで拡散していただければ嬉しいです。本日はどうも有難うございました。

(取材・写真 白石映子)
★スタッフ日記はこちら

『ミッドナイトスワン』公開記念舞台挨拶イベント

草彅剛主演、内田英治監督オリジナル脚本映画『ミッドナイトスワン』が9月25日(金)より全国で公開されています。
本作は、トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱え新宿を舞台に生きる凪沙(草彅剛)と、親から愛を注がれず生きるもバレエダンサーを夢見る少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。主人公の母性の目覚めを“現代の愛の形”として、ヒロインが躍る「白鳥の湖」「アルレキナーダ」などの名作に乗せて常識も性も超えて描いています。
『下衆の愛』の内田英治監督が手掛けるオリジナル脚本に、草彅剛が初のトランスジェンダー役として挑みました。さらに、オーディションでバレエの才能を認められ、ヒロインを射止めた服部樹咲が本作で女優デビューし、真飛聖、水川あさみ、田口トモロヲが華を添えています。
本作の公開を記念し、「観客前!生中継付き公開記念舞台挨拶イベント」が実施され、主演の草彅剛、服部樹咲、水川あさみ、内田英治監督が登壇いたしました。本作の公開を待っていたファンの前にて舞台挨拶を行い、本作への思いや、「愛」がテーマである本作にかけて登壇者それぞれが「愛の告白」などを行い、その模様を全国145館へ生中継されました。
midnightswanevent.JPG

©2020 Midnight Swan Film Partner

<イベント概要>
日時:9月27日(日)13:00~13:30 ※本編上映前イベント
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズシアター7(港区六本木6-10-2)
登壇:草彅剛、服部樹咲、水川あさみ、内田英治監督
MC:武田祐子
※本舞台挨拶の模様は、全国145館に中継された。


<STORY>
故郷を離れ、新宿のショーパブのステージに立ち、ひたむきに生きるトランスジェンダー凪沙。
ある日、養育費を目当てに、育児放棄にあっていた少女・一果を預かることに。
常に片隅に追いやられてきた凪沙と、孤独の中で生きてきた一果。
理解しあえるはずもない二人が出会った時、かつてなかった感情が芽生え始める。


冒頭の挨拶

草彅:みなさん、こんにちは。コロナの大変な中、劇場に足を運んでくださって、ありがとうございます。すごい感謝しています。登場したときに声援がなかったのは初めての経験なので、もう僕はアイドル卒業なのかなんて思いましたが、みなさんがコロナ対策をしてくれていることにとても感謝しております。リアクションがないので、ウケているのかすべっているのかわからない状況の中で(笑)、たくさんの方が努力し、この映画が公開され、みなさんに届けられることを幸せに思っています。僕たち出演者、そしてスタッフが一丸となってとてもいい作品を作り上げました。今、デジタルの力で全国の映画館の方にも僕の今の顔が届いています(全国の会場に向かって手を振る)。映画はとても素晴らしいものになりましたので、ぜひ、お楽しみください。
 
服部:はじめまして。今日は貴重なお休みの時間を割いて、劇場に足を運んでくださってありがとうございます。みなさんがSNSなどで盛り上げてくれていることがすごくうれしいです。今日、終わった後にさらに盛り上がるといいなと思っています。よろしくお願いいたします。

水川:こんにちは。大変な状況下で、劇場に足を運んでくださったことをうれしく思います。さまざまな愛の形をテーマにした映画だと思っています。映画館で観れる素晴らしさを体感して帰ってほしいです。

内田監督:今日はありがとうございます。コロナ禍の大変な中、一度はストップした作品が、こういう形でスクリーンで公開できるという状況を、2、3ヶ月前は想像できませんでした。この時を迎えられてよかったです。オリジナル作品だということもあり、身内ウケの作品とか言われて、少し自虐的になっていますが、劇場来たときに大ヒットしていることを伺い、やっと呪縛から逃れられる気がしています。今日はよろしくお願いいたします。

母親になるという難しい役どころについて

草彅:これまで経験のない役でした。いろいろなインタビューでも答えているけれど、今までで一番難しい役だったと思います。だから、普通はすごく考えて向き合わないとできない役なのですが、今回は、何も考えずに自然に演じることができました。それは、監督がひっぱってくれたことも大きいけれど、(服部)樹咲ちゃんと、(水川)あさみさんにひっぱってもらったこともすごく大きいと思っています。役も作品も一人では作ることはできないことを改めて実感しました。みんなでひとつの方向に向かっていると、奇跡が起きると感じました。

服部:小さい頃から続けていたバレエでこの映画に貢献できたことがうれしいです。心配だった演技も、草彅さんや水川さんに助けられていいシーンになっていました。改めて感謝の気持ちを伝えたいです。本当にありがとうございました。

草彅と水川:こちらこそ

草彅:みんなが支え合った、そうじゃないとできない作品でした。

水川:心が痛い役でしたが、愛の大きさ、深さがそれぞれ違うんだなということを踏まえて、ネグレクトだけをフィーチャーしないで演じることができました。
ただ、母親っぷりという点では私のほうが全然負けてました。

草彅:お互い違う立場の母親でした。お互い一果のことが好きだけど、表現の仕方が違います。あさみちゃんが怖かったです。見事な演技で、迫力があってすごく怖かったです。しょうがないんですよね、お仕事ですから。お芝居ですからね。僕もそうですけれど、あさみさんもふりきっていて、それが伝わってきました。すごいクライマックスになっています。
midnightswanmain.jpg

©2020 Midnight Swan Film Partner


注目してほしいシーンについて

内田監督:3人の関係性です。水川さんが演じた母親も、凪沙も愛情ある母親です。微妙な関係性ですが、芝居というか、演技じゃなかったように感じました。そのあたりを観て(感じて)ほしいと思います。
SNSで評判がいいよと言われても、なかなか信用できない状況でした。オリジナル脚本で、こういったテーマでヒットするのはなかなか難しいことなんです。信じられなかったけれど、今日、この場に来て、スクリーンで観てくれている皆さんを見て、多くの人に受け入れられていることを実感しました。

撮影現場の様子について

草彅:撮影がスムーズでした。なんていうんだろう、荒波を立てずにというか。職人の方が多い現場だと、”早くしろよ!””何やってんだよ!””早くレール引け!”といった声も飛び交うのですが、監督の方針なのか、そういうのが全くない、とても穏やかな現場でした。その分、作品の中ではめちゃくちゃ罵声を浴びていたのですが、カメラ回っていないところはとても穏やかで、今っぽさ?を感じました。

服部:優しいスタッフの方も多く、怒る声は聞いていません。とても穏やかな現場でした。

水川:穏やかでした。あと、内田監督もすごく集中していました。

草彅:みなさん、品がある方が多かったのかな? やっぱり品は大事です、今の時代ね、”今でしょ!” あれ、このギャグ古いの? 反応がないからウケているのかすべっているのかもわからなくていいね。

愛を描いた映画にちなみ、登壇者が愛の告白!

草彅:いつも癒してくれるクルミちゃん。パパは、今日は六本木の映画館でお仕事をしています。あなたのご飯代を稼ぐためにがんばります。あれ、これ、今、言うことかな?今(言うこと)でしょ!本当は、大爆笑したいところを、コロナ対策に協力して抑えて、抑えて我慢してくれているみなさんに感謝します。逆にこういうのもいいかもね。感想を心の中に止めるというのも逆に品があっていいのかも。

服部:愛の告白かはわからないけれど、監督の第一印象が怖くて近付きづらいと思ったけれど、話してみたらとても優しくて、笑顔がチャーミングでした。そのギャップがすごくいいと思いました。

内田監督:僕、彼女のお父さんと同い年くらいなんです。何を言ってもツンとした感じだったけど、嫌われていないと分かってよかったです。

水川:ここにいるすべてのお客様へ。こんな状況の中、劇場に来てくださったことに感謝したいです。お互いに知らない人たちが一つの作品を観て、感動したり笑ったり怒ったりする。映画館という空間って特別だと思います。それを共有できる方たちに”好きです”って言いたいです。

内田監督:出演者はもちろん、スタッフに愛を送りたいです。スタッフみんなが作品を愛してくれて出来上がりました。そして、SNSとなどで盛り上げてくれた方たちにも感謝したいです。あれがなければ、ここまで作品の評判は広がらなかったと思っています。そして、全国の劇場に来てくださった方にも改めてありがとうと言いたいです。

ツイッターのトレンド入りを目指して新たなハッシュタグを考えよう!

草彅:#クルミちゃんラブでいいんじゃないかな。って言いながら、さっきも愛の告白もクルミちゃん宛にしちゃったし、映画のことをちょっと反省しています。#ミッドナイトスワン公開中、なんていかがですか? 全国の皆さんいかがですか?

内田監督:#ミッドナイトスワン大ヒット公開中、にしてください。
草彅:ハッシュタグと一緒に、映画の感想を添えていただけると、もっともっと拡散されるかと。

最後の挨拶

草彅:本日はありがとうございました。全国の方、本当にありがとうございます。この映画は、攻めてはいるけれどR指定がついていません。家族の方とみんなで一緒に観てほしい作品です。観る方によって、感じ方が違うのは当たり前のことですが、これほど感じ方が違う映画はないと思っています。年齢、性別、国籍問わず、みんなに観てほしいと思っています。必ず伝わるものがあるんじゃないかなと思っています。

内田監督:上映されたことがまず感慨深いと改めて感じています。ゼロから脚本を書いて、草彅さん、水川さんに出演いただいて、樹咲ちゃんがオーディションに来て。そのひとつずつが重なり、みんなで作り上げた作品です。性別や血の繋がり、国籍などは関係ないんじゃないかという思いを込めています。ぜひ楽しんでください。ありがとうございました。

『ミッドナイトスワン』
midnightswanposter.jpg

©2020 Midnight Swan Film Partner

出演:草彅剛、服部樹咲(新人)、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛 聖
監督・脚本:内田英治(「全裸監督」『下衆の愛』)
音楽:渋谷慶一郎
配給:キノフィルムズ
©2020 Midnight Swan Film Partner
TOHOシネマズ日比谷他全国大ヒット公開中
公式サイト:https://midnightswan-movie.com/

『ソン・ランの響き』初日舞台挨拶2月22日

IMG_3038.jpg

2月22日(土)新宿K’Scinemaで初日舞台挨拶が行われました。10:30と12:30の回の上映後、レオン・レ監督とリエン・ビン・ファットさんが登壇しました。直前まで何度も練習された「日本語でのご挨拶」もまじえ、それぞれの思いを語ってくださいました。2回分の舞台挨拶を編集して一つにしています。
(通訳:チャン・ティ・ミーさん)(まとめ・写真:白石)


レオン監督 「みなさまこんにちは。お会いできて嬉しいです」
リエン 「こんにちは。わたしはファットです。どうぞよろしく」

―80年代のサイゴンを舞台に”カイルオン”をテーマにしたのは?

レオン監督 子供の時からカイルオンの役者になることが夢でしたが、13歳から家族とアメリカで暮らすことになったんです。その時恐らくこの夢は叶わないだろうと思いました。しかし、カイルオンへの愛は私の中に1日も消えることなく、あり続けたんです。そして20年後、カイルオンの役者になることではなく、カイルオンの映画をつくるという夢を持ってベトナムに帰国し、脚本を書き始めました。

―主役のキャスティングの理由は?

レオン監督 リエンさんのボディや美貌も重視しました。魅力的ですから(笑)。しかしそれよりも大事にしたのは彼の表現力です。特に無邪気な雰囲気の目です。
カイルオンの花形役者リン・フンを演じたアイザックについては、プロデューサーから提案された当初は断っていました。韓国のポップスターのようなアイザックは適役ではないと思っていました。しかし、何百人に会ってもふさわしい人がいませんでした。それでもう一度彼と会ってみると、バランスが取れていると感じたんです。カイルオンの役者にもオーディションを受けてもらいましたが、映画の世界にとけ込めないんです。しかし、映画の役者はカイルオンを演じられない。彼はそのバランスが良かったんです。

IMG_3044.jpg

ーレオン監督について

リエン レオン監督への思いはA4用紙2枚でも足りません(笑)。最も尊敬しているのは、基準をもうけ、自分の主張を譲らず、最後までやり遂げるところ。周りが経済的な効果の出る方法を提案しても、最後まで自分の基準を維持していました。

―どのように役づくりをしましたか?

リエン 俳優デビュー作であり、たくさん難しいシーンがあったため、私の全ての能力を費やしました。
脚本を何度も読み込み、演じるユンの人物像を分析し、カイルオンについても研究をしました。

―映画に出演した後、変わったことはありましたか?

リエン この映画が上映されて、以前よりずっといろいろな方に知っていただいて、それはとても嬉しいことです。映画やほかの分野からもオファーが来て、新しいチャンスが訪れました。私の中ではこれから俳優業を真剣に考えていこうと思っています。

―日本でも撮影をされたと聞きました。

リエン 東京国際映画祭で観客の方々はもちろんですが、新しいご縁がありました。リム・カーワイ監督が声をかけてくださって、昨年大阪で撮影をしました。そろそろ皆様に観ていただけると思います。映画の内容は、いろいろな国の人が日本にやってきて生活をしていくうちに、さまざまな問題に直面します。外国の異文化の中でいかに解決していくか、というストーリーです。私はベトナムから来た男の役です。どうぞ楽しみにしていてください。

IMG_3043.jpg

―監督のこれからのご予定を。日本で撮影の予定などありますか?

レオン監督 私は日本を愛していて、これまで5,6回来ています。残念ながら日本での撮影の機会はまだないのですが、アメリカとベトナムそれぞれで新しい脚本に着手しています。この『ソン・ランの響き』をとても支持していただいて、新しいチャンスもたくさんあります。自分に適切なこと、自分がやりたいことを冷静に考えてから、一つずつやり遂げていきたいと思っています。

―観客のみなさんの撮影タイムです。SNSで拡散してくださいね。

レオン監督 「ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします!」(拍手)
リエン 「友達にもどうぞよろしく!」(拍手)

作品紹介はこちら
★新宿K’s cinemaほか全国順次公開中!
公式 http://www.pan-dora.co.jp/songlang/