『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』  完成披露舞台挨拶

11月3日からの公開に先立ち、10月11日シネマート新宿にて、藤原知之監督、出演の矢野聖人さん(鯨岡太一)、武田梨奈さん(白石唯)、岡本玲さん(間柴望美)の完成披露が行われ、上映前に舞台挨拶がありました。
藤原監督から観客へのお礼の言葉に続き、映画についてのトークに入りました。

IMG_6789.jpg

矢野 ほかの仕事のためこんな髪色です。こんな太一は出てきません(笑)。20代のうちに舞台、ドラマ、映画の主演をするのが夢でした。この映画の主演ができて良かったです。

武田 クジラの映画を撮ることで、ただの青春映画だけで収めてはいけない作品だと思いました。私はこう思っている、と熱く監督に語ってしまいました。自信を持ってみんなで愛情をこめて作った作品です。ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。

岡本 和歌山出身で観光大使をしています。やっと和歌山の映画に関われました。お芝居で地元の歴史や人の温かさを伝えたいと思っていたので、単純に嬉しいです。

ー和歌山でのオールロケでしたね。

矢野 僕は初めての和歌山です。海と山、自然の溢れている場所でロケができて、気持ちものびのびできてよかったです。

武田 人もとても暖かくて、場所にも助けられました。仲良くなったきっかけが、ホテルの前にあるラーメン屋さんなんです。撮影の後みんなが自然と集まりました。

ー3人の関係性がほのぼのして素敵です。

岡本 同い年の91年生まれです。「盛り上げたいね」「頑張ろう」「いい作品にしたいね」という熱い思いはみんなにあって、ラーメン食べながら話しました。和歌山ラーメン、豚骨しょうゆ味で美味しいです。食べに行ってください!

矢野 へんに気を遣わないでよかったし、共通の話題もありましたし。

監督 最初の顔合わせでは3人ほとんど喋らなくて、大丈夫かなと思いました。

岡本 矢野君お洒落で、話しかけにくかったんです。

矢野 え~!(笑)

武田 住む世界違うね、って感じ(笑)。私たちのほうはジーンズとかでラフだったんです。

監督 矢野君はなんかマイケル・ジャクソンみたいな格好で(笑)。初めてのときもすごい格好だった。僕はチャライ若い役者嫌いなので、どうしようと思ったんですけど、話したら違ったのでよかったです(笑)。

ークジラの印象や撮影を通じての感想を。

bk1.jpg

矢野 生きものを扱うのはとても難しいとは思っていました。陸の動物ならまだ接しかたはわかるんですが、クジラは未開の地というか、どういう経験も役に立たない。クジラたちも人間っぽいところがあって、こちらが自信を持ってあたらないと、言うことを聞いてくれなかったり、遊びに行ってしまったり。それぞれの個性をわかった上で、接しないといけませんでした。

武田 言葉が通じない分、目や行動で示します。実際目を合わせると通じるところがあります。

矢野 今あんまりジャンプしたくないなとか、わかります。ぼくらクラスになると(笑)。

武田 普通は人間とクジラの1対1ですが、矢野くんは2頭引きといって、私のところに連れてきてくれるシーンがあるので、私とも息を合わせないとなりません。矢野君はクジラになりきってもいたんですよ。撮影前に合宿に行ったとき、先に入っていた矢野君が慣れていない私に「ぼくクジラ役やります」といってくれて(笑)。

矢野 変な人に思われました(笑)

ーでも太一くんはクジラ好きの役ですよね。

bk4.jpg

監督 実は脚本を書くときに心がけるのが「自然からまない、人数少ない、動物使わない」なんです。今回その3つが全部入っているんです(笑)。クジラは賢いのでよくやってくれました。フレーム外でサインを出して動くほかにアドリブもあるんですよ。雰囲気でわかるんですかね。芝居をしてくれたシーンが結構あったんです。役者さんは大変だったかもしれませんが、僕はスムーズに撮れました。

ークジラに癒されるシーンが多かったですね。

監督 梨奈さんの感情が出るようなシーンもクジラのアドリブだったんですよ。カメラを構えていたら勝手にやってくれて、すごいなと思いました。飼育員の人たちが見て驚いていました。

ー来館数を増やし、盛り上げるために、壁にぶつかりながら悪戦苦闘する姿が描かれます。みなさんにも多かれ少なかれあると思いますが、乗り越えたり、ストレスを解消するための秘訣は?

矢野 躓いたりし壁にぶつかったりしたときは、自分を応援する人、支えてくれる人を思い出します。そういう人たちがいるから頑張らなきゃ、もっと上に行かなきゃ、ここで躓いてる場合じゃないな、と自分を鼓舞します。自分を一度ゼロにする。リセットして乗り越えます。

武田 自分が一番落ち着ける場所、映画館に行って無になってみます。リセットしてモチベーションをあげて、頑張ろうと。なにかあると必ず映画館に行きます。左端が好きなんです。観終わって出てくるお客さまの顔を見ているのも好きです。

岡本 こないだ”滝行”に行きました。自分の甘さを考えたり、生まれ変わりたいと思ったりして。大雨の後だったのですごい水量だったんです。3回入って「私死ぬ!」と思うくらいでした。痛いのと息ができないのとで、滝にうたれながら号泣していました(笑)。私ってなんて弱い人間なんだ、とストンと自分の中に降りてきて「じゃあ頑張ればいいんだ!」と前向きになれました。自然の偉大さを感じました。

bk6.jpg

矢野 見出しに「岡本玲 滝行に」って(笑)。

武田 今度うちの道場(空手)に来なよ。いっぱい殴れるから(笑)

岡本 押忍(おす)!

ーストレス解消になりますか?武田さん。

武田 なります!

監督 僕は20代後半に奥義を見つけたんです。それは「全部自分のせいにする」。なんでうまくいかないか考えると、意外と自分の直接的な原因って1,2割で後は外的要因。「環境がよくない、タイミングがよくない、上司が仕事できない」とか。それを全部自分のせいだと考えると、自分がやることが見えて乗り越えられる。これは映画の太一にも通じる部分があるんです。太一は環境の問題や、みんなの問題を自分のこととして考える。それで解決してみんなと引っ張っていくんです。無理やりつなげてみました(笑)。

ーたしかに人のせいにしたところで解決はしませんね。

監督 そうですね。そこで愚痴しか出ないのでなく、具体的な歩みを考えれば簡単な話になります。

ーみなさん深いお話をありがとうございました。最後に矢野さんからお客様に見所も含めてひとこと。

矢野 この映画には和歌山の自然の美しさやクジラの可愛さもたくさんつまっています。僕はみなさんがそれぞれに、この映画から何か感じ取ってもらえたらと思います。
IMG_6780.jpg

10月3日(水)『殺る女』完成披露試写舞台挨拶

10月27日(土)からの公開を前に、池袋シネリーブルにて『殺る女』完成披露試写会が開催されました。
上映前に主演の知英(ジヨン)さん、武田梨奈さん、宮野ケイジ監督の舞台挨拶レポをお届けします。

IMG_6741.jpg

幼いときに両親を殺された愛子(知英)が、犯人の腕にあったサソリのタトゥーを手がかりに、腕利きの殺し屋となって復讐しようとする。
一方孤児院で育った加賀俊介(駿河太郎)は、かつての仲間に悪事を強要されている。俊介の妹由乃(武田梨奈)は看護師として働き、同僚の医師に心を寄せているが、報われそうにない。

凄腕のスナイパーを演じる知英(ジヨン)さん
「これまでで一番台詞の少ない台本で、覚えなくていいや、ラッキー!(笑)」と喜んだそうです。ところが現場に入ってみたら「間違いでした。台詞の代わりに、全部表情や目だけで感情を表現しなければならなかった。監督に助けてもらってキャラクターを作っていきました」

武田梨奈さんは孤児院育ちの看護士役。心に闇を抱えているという設定で、これまでに見たことのない女性を演じています。
「一ヶ月前から闇を考えながらすごしました」「役のために普段絶対吸わない煙草を、喉がウェーとなりながら(笑)吸っていました」と笑わせます。
女の殺し屋を主人公にしたかったという宮野ケイジ監督
「クライマックスで愛子が自分自身と向き合う絵が浮かんだんです。それが枝葉を広げて物語を構築し、みんなが闇を抱えることになりました」台詞については
「今回はなるべく言葉を使わないで、それぞれの心の動きを浮き彫りにしたいと言うのが最初からあって、台詞が少なく台本が薄くなった」そうです。

知英さん、武田梨奈さんは一緒の撮影シーンが一つもなく、舞台挨拶のこの日の取材が初対面。
初めて会ってお互いの印象を聞かれて
知英「(武田さんは)可愛いです。素敵な笑顔にひかれます。アクションのイメージがあったんですが、この作品ではか弱い女性で出ていて、こういう面もあるんだと感じました」
武田「今日初めてお会いして撮影するときに、近い距離で見つめあってくださいと言われて恥ずかしくて見れませんでした。天然記念物のような、知英さんほんとにいたんだって感じで。お芝居も歌もダンスも言葉もできて、性格も優しくて悪いところが一つもなくて悔しいです。知英さんになりたいです」(会場笑)

IMG_6753.jpg
お二人はガンアクションも見せています。
知英「プロっぽく見せなければいけないので銃の持ちかた、姿勢、まばたきしない、など気をつけました。銃に慣れるように、友達だと思ってずっと現場でさわっていました」
武田「一瞬しかさわっていないんですけど、たまたま手にしたというシチュエーションだったので、むしろわからないままやろうと思いました」
知英「かっこよかったですよ」

MCさんからこれまでの「ターニングポイントだと感じたこと」を聞かれて
監督「人生でいうと多すぎるので、この映画を作るうえでのことを。ラストシーンが台本と違うんです。知英さんに相談して変えたら、すごくよかったので、そこに向かっていくという組み立てができました。ターニングポイントであり、よりどころになり、くっきりしました」
武田「たくさんあるんですけど、10年前に『ハイキック・ガール!』に出させてもらったことです。私を映画界の一人として正式に迎え入れてくれた作品。それがあったからこそ今の全てがあると思うので、10年前の自分に良かったね!と言いたい」
知英「女優をはじめたことで、第2の人生を生きています。こうして日本で活動できているのも大きなターニングポイント。これからも現場での出会いを大切にしていきたいです」

『妻の愛、娘の時』 シルヴィア・チャン舞台挨拶付きプレミア上映

シルヴィア・チャン監督舞台挨拶付きプレミア上映&衣装デザイナー ワダエミさんとのトークショー
2018.7.3 YEBISU GARDEN CINEMA シネマ2

●DSCN5918 600.jpg
左 ワダエミさん 右 シルヴィア・チャン監督

『妻の愛、娘の時』(原題 相愛相親)の公開を記念して、監督・主演のシルヴィア・チャンが7月に来日し、舞台挨拶と衣装デザイナー ワダエミさんとのトークショーが行われました。この作品は9月1日に公開されます。

物語
主人公フイインの母が亡くなり、田舎にある父の遺骨を都会にある母のお墓に移動しようとしたことから騒動が起こります。田舎で夫の帰郷を待ち続けた最初の妻ツォンや村人は遺骨の移動に大反対。フイインの娘ウェイウェイは自分の人生の選択に迷いつつ、強引な母親の行動に反発しツォンのもとを訪ね、良い解決はないものかと思案します。父の遺骨をめぐる騒動を3世代の女性の視点を通して描くこの作品。夫婦、親子、都市対田舎の対立、家族の歴史をユーモア込めて描き、最後は心にしみる物語になっています。
作品詳細 
シネマジャーナル作品紹介
『妻の愛、娘の時』公式HP

『妻の愛、娘の時』メイン.jpg
(C)2017 Beijing Hairun Pictures Co.,Ltd.


張艾嘉(シルヴィア・チャン)監督プロフィール

台湾出身。台北アメリカンスクールを卒業後、73年にジミー・ウォング主演『いれずみドラゴン 嵐の決斗』で映画デビュー。『山中傳奇』(79)、『過ぎゆく時の中で』(88)、『フルムーン・イン・ニューヨーク』(89)、『恋人たちの食卓』(94)など数多くの香港・台湾映画に出演してきた。78年には映画製作にも進出し、映画監督・プロデューサーとしても活躍し、監督作としては『君のいた永遠』(99)、『20.30.40の恋』(04)、『念念』(15)などを製作、プロデューサーとしては『美少年の恋』 (98)がある。脚本家としても活躍している。

 プロフィール.jpg △DSCN5942.jpg
左 2015年東京フィルメックスにて 右 今回の催しで

★女優、プロデューサー、監督として40年にわたり活躍するシルヴィア・チャン

『妻の愛、娘の時』のプレミア上映会が7月に東京・YEBISU GARDEN CINEMAで行われ、監督&主演を務めたシルヴィア・チャンが舞台挨拶に登壇した。7月に65歳を迎えたが、「ある程度の年になると、同じテーマの作品でもものの見方や解釈が変わってきます。私はすでにおばあちゃんですが、今回は家族をテーマにしていますので、世代と世代のギャップを埋める橋掛けを私なりにできるとうれしい。いつもそういう形で映画を作っています」と映画製作に携わる姿勢を語った。「おばあちゃん?」という言葉に場内がいっせいにどよめくと、「私の孫娘はもう13歳。長男は今年で38歳です。さらに、息子は3人」と語ると、観客はさらに驚いた。

●3世代の女性の想いをテーマに

シルヴィア・チャン:愛に対する考え方をポイントにしました。そしてお墓のことがひとつのポイント。3世代の女性を描く時、愛に対する思いを中心に考えました。
おばあちゃん世代は夫に合わせ、5,60台の私の世代は夫婦で考える。そして若い世代は自分のことを中心に考える。
この作品は平凡な家庭を描いていますが、平凡だからこそそこにある日常のディティールを丁寧に描きました。その描き方で皆さんに共感してもらえたと思います。
各世代の女性、それぞれの時代を生きて、それぞれの苦難や苦労があるけど、成長していく中で、いろんな関門をくぐり抜けて強くなっていきます。もう私もおばあちゃんになったけど、本当のおばあちゃんの気持ちはまだよくわかっていないかもしれません。でも少なくとも私が今まで体験してきた中で、若い人たちの気持ちを理解しているつもりでこの映画に描きました。

ポスターなど 今回の催し会場で
△PICT4169.jpg

PICT3153トリ.jpg
下 2017年 東京フィルメックスで 台湾でのポスター?


●監督と主演、自分の演じるシーンのOKはどのように

シルヴィア:他の役者がいない時は、自分のシーンを撮れます。だめだしは自分でします。また、スタッフが「あのシーンは、ちょっと」と情報をくれます。それで撮り直しをしたりします。

●最近気になった映画は?

シルヴィア:是枝裕和監督の『万引き家族』が気になっています。非常に丁寧に愛を持って描いていて感動しました。この映画を観て複雑な心境になりました。「家族」は、血のつながりがなくてもいい。ひょっとしたら、血のつながりがない方がいい家族になるかもと思いました。

★途中でシルヴィア・チャンの誕生日&本作の日本公開を祝うため、親交の深い衣装デザイナーのワダエミさんが花束を持って登場。

△DSCN5931.jpg

シルヴィアは『呉清源 極みの棋譜』に呉清源(張震=チャン・チェン)の母役で出演した際、同作の衣装デザインを担当したワダエミさんと親交を深めた。また同作監督の田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)が『妻の愛、娘の時』にシルヴィアの夫役で出演していることから、2人は彼の話題で大盛り上がり。

●田壮壮について

シルヴィア:『呉清源 極みの棋譜』出演の際にワダエミさんと仲良くなりました。この映画の脚本段階から、夫役は田壮壮監督の顔が頭に浮かんでいてオファーしました。田壮壮に連絡をし北京でゴルフをしたのですが、その時は切り出せなくて、次の日、再度電話をしてオファーしOKしてもらいました。
彼が登場することで、映画にリアル感、人物の情感、雰囲気など、一気に命が芽吹いたと感じました。彼はこれまで俳優としては、ワンシーンだけというような出演をしていますが、セリフがたくさんある役は今回が初めて。妻を優しく見守る役柄でこれがとても素晴らしく、役柄を気に入っています。本作出演後、俳優としての
オファーが殺到してるそうです(笑)。
彼は監督をしている時はシリアスですが、普段は気配りが出来る魅力のある人。若い女性にもとてもモテています(笑)。現場でもみんな彼のことが大好きになりました。でも映画の中では素敵な旦那さんですが、実生活でこの人を夫にしたらけっこう大変だと思います(笑)。


ワダエミ:『呉清源 極みの棋譜』で衣装デザインを担当しましたが、ふだんの田壮壮監督は本当に色っぽいんです。上目遣いで見つめられるとクラクラッときそう(笑)。実際の彼は、ほんとに知的な若い女性にモテるんです。
シルヴィアのの連絡先は知らないんですが、田壮壮が私たちの間を取り持ってくれて、彼に「シルヴィア最近どう?」と聞くと教えてくれます(笑)。

△DSCN5924.jpg

●新作について
シルヴィア:マレーシアで撮影する新作「夕霧花園(原題)」(林書宇=トム・リン監督)では阿部寛さんと共演します。

●最後に
シルヴィア:日本では映画祭に参加したことはありますが、本日のように映画館で舞台挨拶をするのは初めで、とても嬉しく思います。私は映画の世界に入って40年仕事をしてきましたが、今は、ひとつひとつの作品がとても大切なものだと感じています。なぜかというと私の残りの時間は限られていて、映画を作ることができる機会が少なくなっていると思うからです。
映画を通じ、皆さんと交流できる貴重な機会を大切に、そして、この作品がみなさんに気に入ってもらえるととても嬉しい。

ワダエミ:娘のようなシルヴィアの新作、素晴らしいと思います。等身大の自分を見つめ直すために、ぜひ日本の皆さまにみて欲しいです。世界的に超大作やドキュメンタリー的な作品が多いなか、シルヴィアは彼女が持っている繊細で、愛のある世界を描いています。ぜひ、自らを問い直すためにも観るべき映画だと思います。


●PICT4189.jpg

9月1日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー
取材・写真、まとめ 宮崎暁美